TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

TITLE : そうだ!勝間さんに聞いてみよう。

二ヶ月ぶりのブログになります。
お久しぶりです。

9月の中旬より色々あり、
ある病に冒され、会社を休職し1月に大きな手術を受けることになりました。

そんな中、今、注目しているのが「勝間和代」さんです。
このキーワードは今後とも自分の中で大きくなっていくのだろうな、と感じました。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代

この人の読書、健康、仕事に対する考え方にかなり共鳴し、
一度、お会いしたい人として尊敬しています。

そんなこともあり、ブログを再会することにしました。
(何度目になるかわかりませんが・・・。)

ブログの表題も
「ITコンサルの航海日誌」に変えようと思います。

コメント機能も再開するので、どんどんコメントを残して下さいね。

それでは、師走ですが、皆さん、張り切って参りましょう!!
posted by Kohei Ishikawa  [ お知らせ ]  - -

TITLE : コンサルタント像

今日は、東京工業大学のキャンパスイノベーションセンターで行われた
私の母校であるJAISTの技術経営セミナーに参加してきました。

ある種の同窓会的な、でも今も進化している。

それが学会のあるべき姿なんだな、と感じました。

素養として
1、教育
2、研究
3、ソリューション を提供できることが
コンサルタントのあるべき姿ではないかと思います。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : 科学的管理

成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス
成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス
ジム レーヤー,トニー シュワルツ

「ビジネスマンはスポーツマンよりタフでなくてはならない」
という理念の下に書かれた本書から大きな示唆を得た。

特に目標を科学的に管理する、という手法。

人生が変わった名著だ。



posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : マラソン

来年の2月に
東京マラソン(10キロ)と
青梅マラソン(30キロ)に参加することになりました。

明日からスポーツクラブに通うことにしたのですが、
最近のスポーツクラブは健康の状態を定量化してくれるので
なかなかやりがいがあるものです。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : ラブリー三田

今日は三田にある慶應大学と一新塾を訪れました。

大学って「いい雰囲気だな」と思う時と
「なぜか過去形な雰囲気」があるのはなんでしょうかね。

一新塾では久しぶりにエキサイティングな雰囲気に触れました。

やっぱり組織に依存できない体質なんだな、と感じました。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : IKEA港北

今日はIKEA港北に行ってワークステーションを買いました。

帰りがけに川崎で、「政策情報かわさき」と言う政策冊子を見て、
何かピンときました。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : 日々発信

「いつからブログを書かなくなっただろうか。」

問いかけてみた。

ブログを書かなくなったことで失われたことは、
自分のアイデンティティを企業という組織に置き忘れてしまった、
ということだったりする。

もう少し自分を見つめなおしてみようと思った。


posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : Think! So What? So Why?

とうとう明日、7ヶ月間にも及んだ研修が終わります。
来週からは、ようやく現場にアサインされます。

アサイン先は守秘義務上、言うことができないのだけど、
人生、思うようには行かないなぁ、と痛感しました。

ただ、目の前にある仕事に臆せず、
自分のミッションを貫きたいと思います。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : 過ぎ去りし夏

今年の夏もあっという間でした。

ようやく次のステージが見えてきそうです。

近々、重大発表・・・ということにしましょう。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : 情報アクセス

最近は「散在する資料をいかに処理するか」が課題です。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -