TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< なぜ、過去の栄光に人生を左右されるのか。 : main : なぜ、言葉遊びに陥るのか。 >>

TITLE : なぜ、一つの価値判断のみに捉われるのか。

私が昔、出会った女性が興味深いことを言っていた。

「主婦とは、最低限、妻であり、母であり、娘であり、女性なんだよね。
 この4つの職業を演じないといけないのよ。
 これに加えて、仕事をするとなると、これまた大変なんだわ」

この台詞に相当な衝撃を受けた。

私が最も好きな書籍「7つの習慣」に「役割モデル」というものが記されている。

役割モデルとは、職業のみの価値判断ではなく、
私であったら、
男性として、恋人として、子として、研究者として、学生として、友人として、
という役割に照らし合わせて、最適な行動を考えるといったものである。

これを逆説的に考えて、
私は、一つの価値判断にのみ捉われている人間を魅力的に思えない。

男性/女性としても魅力があり、
職業人として魅力があり、
親として魅力があり、
子として魅力があり、
パートナーとして魅力がある人間の全ての条件が揃って、
初めて「人間的魅力がある」と言えると思う。



また、電通の友人が言った名言で
「モテなす人はモテる」というものがある。

私が知っている限り、モテる人は、惜しみなくモテなす。

リクルートの松永真理はこのような要素を兼ね備えている人を
「心にひだひだが多い人」と例えている。

私が出会った中で、確実に「人間的魅力がある」と言える人は、
自分の心を受け止めてくれる人であることが多い。
相手の感情を的確に読み取り、モテなす精神こそ人間的魅力の根幹ではないか。

冒頭で話した女性はこのようなことを言っていた。

「結局、この年齢(30)になると
 妻でも、母でも、娘でも、女性にもなりえないことは、
 まさにホラーよ。ほんとに。孤独との戦い。
 仕事をだけするのは、肉体的はすっごく楽。
 でも、精神的な面を考えたら、一生、不安との戦いでしょうね。」

表題の
「なぜ、一つの価値判断のみに捉われるのか。」という回答に関しては
「楽だからである。」というのが明確な答えだ。

しかしながら、その軽率な行動が蓄積したものが
30,40代と年齢を重ねるにつれて、重くのしかかる。

サッカーの試合の序盤に手荒なプレーでイエローカードばかりもらっていると、
後半で大胆なプレーができなくなる、というようなイメージか。

いや、少し例えが悪かったかもしれない。

結論は
序盤から楽をすると、後が辛くなる。
だから、一つの価値判断に捉われちゃいけないよ
、ということだ。
posted by Kohei Ishikawa  [ - ]  - -

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -