TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< ブログ再開のお知らせ : main : なぜ、過去の栄光に人生を左右されるのか。 >>

TITLE : なぜ、建設的議論ができないのか

最近、切に考えてることが
「なぜ、建設的議論ができないのか」という点である。

何も準備せず労力もいとわず、
反則技のみを繰り出し、議論をドローにしたままにしている人が多すぎる。

その問題が発生する理由の一つはディベートとディスカッションを混同し、
同意を得ないまま、会話を始めてしまうことである。

ディベートの目的は結論にはなく、思考のプロセスをすり合わせて
相互の意見を潰し合うことで、新たな視点を見出すことにある。
ディスカッションの目的は結論であり、
お互いの論を生産的にすり合わせることで、一つの合意点を目指す。

私が学んだ政策科学においては「争点課題」というものがある。
多角的な面から語らなければ解決しない問題について扱った技法である。
その議論の作法について心得ている人は何の問題も無いのだが、
これを少しかじっただけで技法を振り回すケースが一番、タチが悪い。

私がこれまで体験した中で最悪のケースは
「クリティカル・シンキング」や「考える技術・書く技術」に記されている技法を
そのまま振りかざしてしまう傾向であった。
そのキーワードを言えば、あたかも議論のイニシアチブを取ったかの如く錯覚するのだ。
また、相手を感情的にさせるような言葉を投げかけることで
議論の方向性をすり替えてイニシアチブを取るケースも多々あった。

これが二つ目の理由で
相手と議論ができなくなるような反則技を繰り出す人が多いという点にある。

「それは今、話すべきテーマではない。」
「あなたの言ってることは間違いだ。そんなことも知らないのか。」
「それは一般化しすぎているから、あなたの意見は間違いだ。」

このような台詞をどこか聞いたことはないだろうか。

建設的議論を成し遂げるためには
「相手の意見を徹底的に聞くこと」と
「それに対する効果的で価値のあるコメント」が必要である。

相手の知識のなさ、思考の浅はかさをひけらかしても、あまり意味は無い。

よって「言いたいこと」を言うよりも「言うべきこと」を言う方が圧倒的に価値がある。
意見とは相手の合意を元に成立するからである。
また、自分が「言いたいこと」を言うよりも
「言うべきこと」を言うには高いレベルのスキルが要される。
特にハードな議論を展開するには相当の準備と労力が必要なのである。

この相当の準備と労力と厭うことが軽視されている点が、
建設的な議論ができない一番大きな理由である。
posted by Kohei Ishikawa  [ 哲学 ]  - -

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -