TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< 焦りと不安、そして希望 : main : たぶん・・・言葉では共有できないもの >>

TITLE : 戦え!働け!さもなければ、辞めちまいな!

【1】アップorアウトについて

もはや、コンサルティングファームでは不文律であるカルチャーである
「戦え!働け!さもなければ、辞めちまいな!」という考え方がある。

コンサル業界合宿に行ってから、
かなりファームとしての生き方を意識するようになった。
それまでは「3年くらいで辞めちゃうんじゃね?」とか思っていた。

僕の場合は、コンサル志望者ではなく、
一緒に働きたい人、一緒に働きたい価値観を突き詰めた結果が
「戦え!働け!さもなければ、辞めちまいな!」という考え方であった。

そういった緊張感の中で仕事をすることに
意味と成長があるのではないかと思った。

大学院の就職レポートに
「保守的な考えの人はコンサル業界に来るな」と書いた。
かなり反発を食らう意見であると思う。
でも、「保守的な人とは働きたくない」と
この業界の人はみんな思っていると思う。

しかし、自己の成長を主眼において
どこの組織で働くかを、一ヶ月間、死ぬ気で考えた結果、
こういう答えに辿り着いた。

就職活動の最後は、シリコンバレーの会社と二者択一で悩んだ。
最後に選んだ理由は、入社前、入社後の伸びしろの大きさだった。
たぶん、シリコンバレーの会社を選んだら、
今年の夏は西海岸に研修で行っていたと思う。

とか振り返ってレビューしていられるのも、そろそろ終わり。
大学の後輩から、就職についての相談とか来て、
色んな意味で「終わったもの」としてアウトプットする時期が来ている。
立ち止まらない。振り返らない。 やるべきことをやるだけさ♪

【2】客観性を維持するプロセス

一度、紙に落とした方がいいかもしれない。

余談だが、紙に落とす作業と言うのはとても重要である、と
某コンサルタントは言っていた。

抽象的な思考を具体的な、しかも体系的な形にすることは
他人に理解させる上で、非常に重要である。

研究もある段階で紙、
もしくはスライドに落とす作業が必要だと思っている。
対外的に、人に見せることでブラッシュアップされることが多い。

今日の研究での成果として、
こまめに紙に落とすことを習慣づけようと思った。
posted by Kohei Ishikawa  [ リーダーシップ論 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/424 ]