TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< トンネルを抜けると、そこは雪国だった。 : main : 一刻の休みも許されぬ、波、波、波 >>

TITLE : なぜ退職したくなるのか。

これから一週間ペースで
一つのネタについて考えてみたい。

テーマは『なぜ退職したくなるのか』

僕の先輩がここ2週間で5人も退職し、
転職活動をすることを決めたそうだ。

実際、これは珍しいことではなく、
大学新卒の学生の30%が
1年以内に退社するというデータがある。

これを是と捉えるか、非と捉えるかはわからない。

現実的な事実として、
大学の機能は就業能力を養うように作られていない。
なぜなら、今までは企業が
就業能力を養わせてくれるのが当然であったからだ。

企業そのものも体力を失い、職業形態の多様化、
業務のアウトソーシングを行っている。

より個人の自発性が問われる時代になっているのに、
学生にはその危機意識が不足している。

そして、言われるままに就職活動をして
言われるままに、まずは三年と意気込み、
ああ、ダメだった、と1年以内に30%が辞めてしまっている。

そうなると、
企業も『新卒なんて取ってたら無駄だよ』と感じ
新卒が入る窓口を閉めてしまう。

この悪循環が続いてるのが今の現状である。
その間を埋めるべく、学生専門の人材派遣会社も活躍している。

一時期の失業率を救う手だてとして
ワークシェアリングが話題になったが、
それと同様にインターンシップを社会に定着しつつある。

僕自身は『職業観』をいかにして身につけるか、を課題に
学生生活を送ってきた。

というわけで、明日は『職業観』について語りたいと思う。
posted by Kohei Ishikawa  [ 組織心理学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/309 ]