TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< サイバーな坊主はサイボウズで目覚めました。 : main : トンネルを抜けると、そこは雪国だった。 >>

TITLE : コンプレックスにまみれてみる

つくづくブログという・・・
いや文章というのは人を表すと感じる。

『文章とはまさに人そのものである。
美しい文章を書く者は美しい、
もしくは美しくありたがっている。』

と中学のときの国語教師が行っていた。

カッコつけたい自分
ひけらかしたい自分
認められたい自分
甘えたい自分

普段の生活では見えない『自分』がブログから垣間見える。
ブログは読まれるだけではない。
ブログによって精神を分析されるのだ。
『あいつはあ〜ゆ〜奴だ』と。
完璧主義の裏には欠落感があり、美しさの裏には醜汚感がある。
絶対性の中には反抗心があり、自由の中には不安がある。

しかしながら、分析されるだけ幸せなのである。
コミュニケーションが発達した反面、
人と人との心の距離が離れている。

優しい時間、
お金で買えない価値、
スローライフという言葉が流行る背景には
人と人とのコミュニケーションが明らかに不足している現状がある。

みんな、自分のことで精一杯だ。

話がそれた。

なんにせよ、僕は文章を書くのが好きだ。
言葉にできないから文章書いてるわけですよ!
笑われたっていいわけですよ!というわけです。
posted by Kohei Ishikawa  [ 精神世界 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/307 ]